ママ友に誘われてみんなでハワイに旅行に行くことになりました。正直うちの家計でハワイ旅行の資金を捻出するのは厳しかったけど、断った後のことを考えると・・・どんなことをしてもお金を用意しなきゃって思いました。今のママ友の世界はすごくはっきりしていて、私自身にトラブルが起こるのは構わないけど、子供に被害が及ぶのはなんとしても阻止したかったんです。カードで旅行代金を払おうと思ったんですが、幹事のママがみんなの分をまとめて支払ってくれることになったので、やはり現金が必要になりました。私と同じようにどうしようかと困っていたママと話し合った結果、お金を借りられるところを探すことにしました。そこで知ったのがプロミスさんの30日無利息ローンでした。もし1ヵ月無利息で借りられたら、夫のボーナスで支払いできる・・・考える間もなくすぐにお金を借りました。無事旅行に行く用意もできましたし、返済もできました。ママ友付き合いは思った以上にお金がかかります。ピンチを乗り越えるために、これからもプロミスさんにお世話になります。

友人同士で温泉旅行に行くことになりましたが、
友人に決めてもらったお宿の宿泊費が結構高かったのです。
貯金だけでは宿泊費が工面出来そうもなかったので、思い切って銀行のカードローンから借りることにしました。
いろいろな銀行のカードローンがありましたが、その中から選んだのが三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。
バンクイックなら三菱東京UFJ銀行という安心感があったから、金利面でも低くてお得だったから、
ご利用限度額も高かったから、審査結果の回答が最短30分とスピーディーだったからです。
特に出発日まで間が無く、急ぎで宿泊費を準備することが必要だったので、審査が早いと言うのは助かりました。
バンクイックでは消費者金融の自動契約機のようなテレビ窓口を利用して、当日中にカードを受け取ることが出来ました。
平日15時を過ぎて銀行が閉まっていても、テレビ窓口は営業中だったので間に合わすことが出来ました。
温泉旅行を楽しんだ後の毎月の返済額も最少でいいので楽だったです。

モビットの評判(口コミ)は?

賢い消費者になるのであればアコム 審査などの消費者金融をはじめ、いろいろなサービス、製品の評判をしっかり確認しておくことは大事なことです。
そんなときに、便利なのがインターネットなどの口コミなどを利用するというものです。
ネットでは匿名性もあり、津々浦々と他社のサービスの実態を書きやすいのです。
では、消費者金融機関であるモビットの口コミはどのようなものでしょうか。
色々な意見を要約してみました。
まず、モビットを利用して好意的な意見には、「モビットはCMなどで俳優の竹中直人さんを使っている事もあって、親近感がある」、「社員の対応もしっかりとなされている」、「本当に困った時はすぐに借りることが出来る」などがあります。
一方でモビットへの辛口な意見としては、「ネットでの審査に何らかのトラブルがあった」、「審査は通ったのに、本契約の方でNGとなってしまった」という借入までこぎつけなかったというものがありました。
しかし、後者の辛口な意見を挙げている方は、結構他社からも借入を行っている多重債務者の人たちなので、モビットで初めて借入を行うという方にはあまり、参考にならないのではないでしょうか。
この様にモビットの評判は、好意的な口コミもあれば、辛口なものもあります。
モビットは実際、どんな消費者金融なのかしっかり確認するつもりで評判なども考慮しましょう。

東北銀行のカードローン「夢・ポケット」はパートや主婦の方、個人事業主の方も利用OK、限度額100万円までのカードローンです。
限度額100万円以上をご希望の方は、同じ東北銀行のカードローンでも「夢・ポケットPLUS」をご利用することができます。
ただし、「夢・ポケット」に比べ利用条件が厳しくなっており、勤続1年以上で前年度の年収が200万以上の方のみお申込みいただけます。
年齢条件や職業についても、「夢・ポケット」以上に制限がかかりますのでご了承ください。

「夢・ポケット」については、20歳から72歳までの方がお申込みいただけ、所得証明などの提出も必要ありません。
金利は固定金利で14.5%、返済金額は残高50万円を下回っている時は毎月1万円ずつ、それ以上の時は2万円ずつとなっています。

お申し込みは、フリーダイヤルで平日9時から17時まで受け付けています。
審査結果について連絡を受けた後、2週間以内に東邦銀行窓口に来店してご契約いただくことになります。

地方銀行のカードローンを申し込む時は、是非金利や返済方法について慎重な情報収集と検討を行ってください。
地方銀行によっては、東北銀行のように限度額などが異なる複数のカードローンを用意していることもあります。
限度額や返済能力などともよく相談し、条件について納得した上で借り入れを行うことが大切です。
返済には元金だけでなく金利負担も発生するので、最終的に支払う金額がどれくらいになるのか、よく理解した上で借り入れを行いましょう。

福岡市博多区に本店を構える西日本シティ銀行ですが、この銀行が扱っているカードローンのひとつに「キャッシュエース」という商品があります。
このカードローンは借入れ金額によって金利が違うのですが、100万円未満の場合は14.95%、100万円以上の場合は14.0%となっています。

他社に比べると少々高めの金利設定ではありますが、西日本シティ銀行に口座を持っていれば、来店不要、印鑑不要でインターネットや電話、FAXなどから申し込みができます。
手間が省けて時間の無駄にならなくていいですね。

また、全国の銀行やゆうちょ銀行のATMやコンビニATMが利用できるので、借入れや返済の時にもとても便利です。
それに、もしも口座残高が不足した場合などには自動的に融資をしてくれるので、万が一入金を忘れてしまっても安心です。

申し込みは満20歳以上から満69歳以下となっていて、パート、アルバイト、専業主婦、年金受給者も申し込みが可能です。
ただし、学生はだめです。

それから、西日本シティ銀行の取扱店の近くに住んでいるかお勤めしている方が対象となっていますので、誰でも申し込めるというわけではありません。
西日本シティ銀行は、西日本銀行とシティ銀行が合併して誕生した銀行で、純資産額も多く地方銀行の中でもトップクラスとなっているので、信頼性や安心感は十分にあるのではないでしょうか。

カードローンやキャッシングでお金を借りるときに注意するべき点は、「誠実に対応すること」です。

他社の借入残高や自分の年収などを偽って申し込む人もいるようですが、審査のときにバレてしまうばかりか、二度と申込みが認められなくなる可能性もあります。

ここでは、カードローンやキャッシングでお金を借りるときの注意点についてご紹介します。

いつもそうではないと思いますが、あなたは急に、どうしてもお金が必要になったことはありせんか?
そして、どうしても必要なのにその金額の手持ちがない場合、あなたはどうしますか?
友人に借りる、親に借りる、会社で前借をするなどの選択肢があります、が友人や親に借りる場合は
何に使うのか、どうして必要なのかを説明する必要があります。
内容によっては話せない場合も出てきますね。
そういう場合に便利なのが、銀行などの金融機関によるカードローンなどです。
以前と違って法律による監視が厳くて法外な金利を払わせられる心配もなく
きちんとした定職についている人なら、利用できるのです。
もちろん収入によって借りられる金額に限度はありますが、何に使うかを説明する
必要もなく、申し訳ないという気持ちを持つこともなく借りることができます。
しかし、毎月の返済に無理のないよう計画的に利用することが大切ですね。
もちろん返済についての相談についても親切に対応してもらえるのでさらに安心です。

収入証明書不要カードローン

キャッシングは非常に便利になってきていますから、利用しやすいものも増えてきています。ここで注意しておきたいこととしては、利用しやすいものが最も良いと言うわけではないという事です。審査に通りやすくて簡単に申し込みができると、やはりそれを利用しようと考える人も多いと思いますが、申し込みが簡単だから有利だと言うわけではありません。→アコムマスターカード
一般的な傾向としては、利用しやすいものの法が金利が高いと考えられます。例えば、即日キャッシングなどは簡単に利用できるようになってきていますが、一般的なキャッシングに比べると金利は高いという傾向があります。
銀行のキャッシングに申し込むためにはいろいろな手続きをしなければなりません。書類を提出することも必要となりますし、審査そのものに時間がかかる事もあります。ですから、手続きは面倒なのですが、金利は低いと言う傾向がありますから、キャッシングとしては非常に有利だと言えるでしょう。

総量規制対象外カードローン

カードローン複数

「カードローンの申込みは1社だけ!」と考えている人もいるようですが、複数のカードローンに申し込むと、より大きなメリットを受けられることがあります。

複数のカードローンから借りすぎてしまうのは良くありませんが、業者ごとのポイントサービスや無利息期間などを利用し、お得にキャッシングできるようになります。

ここでは、複数のカードローンに申し込むメリットについてご紹介します。


■見逃すことのできない「無利息期間」

カードローンのサービスを提供している業者の中に、「無利息期間」を用意しているケースがあります。

具体的には、プロミスの「30日間無利息」、レイクの「30日間(180日間)無利息」、ノーローンの「1週間無利息」などです。

この無利息期間中は、1円も利息がかかりませんので、カードローンを利用するときは、確実に利用しておきたいものです。

たとえば、現在、レイクのカードを持っている人が、レイクから再びお金を借りるときは、無利息期間を使うことができません。

通常は、申し込みをして、最初の1回だけ無利息期間が適用されますので、レイクから借りるよりも、プロミスに申し込んで「30日間無利息」としてもらったほうがお得です。


■返済日が分かりにくい場合

たとえば、アコムのカードをもっている方の中に、35日ごとに返済をしている人がいます。

35日ごとに返済日が来る場合、ちょうど給料日の後で都合がよいこともあれば、給料日の直前に返済日が来ることもあります。

そのようなときに、もう1枚カードローンに申し込んでおき、一時的に他社のカードからお金を借りることができます。

アコムのカードの支払いを延滞し、信用情報機関に記録されたり、延滞料金を支払うよりは、一時的にプロミスなどから借りたほうがメリットが多くなります。

「カードローンは1社だけ!」と決めつけてしまう人もいますが、より柔軟にカードローンを利用し他方がメリットが大きくなることもあると思います。